ポイントを抑えたほうれい線の予防とケアについて

 

20代を過ぎると、ほうれい線が気になってしまうという方も多いようですね。

 

ほうれい線ができる原因は様々です。
年齢を重ねるごとに、顔の皮膚はたるんできてしまいますよね。
そのたるんだ部分がシワになったものが、ほうれい線と言われるものです。

 

つまり、肌のたるみをなくせば、ほうれい線はできにくいとも言えるでしょう。

 

そのために予防できることを考えてみましょう。
まず大切なのは、皮膚をたるませないよう顔の筋力を保つことです。

 

顔には表情筋と言われる筋肉があります。
毎日のお手入れにフェイスマッサージを取り入れ、表情筋を鍛えることでほうれい線の予防ができるんです。
フェイスマッサージは簡単に誰でもできるので、毎日行えばたるみのないお肌を保てますよ。

 

もう一つ重要なことは、紫外線などの外部の刺激から肌を守り、肌の弾力を保つことです。

 

お肌の弾力がないと、シワもできやすくなってしまいます。
紫外線などの刺激から肌を守るためには、水分をしっかりと保っている状態でなければいけません。

 

つまり、保湿が重要なのです。

 

肌の表面だけではなく、内側の保湿がしっかりとできていないと紫外線などのダメージを受けやすくなり、ダメージを受けるとお肌の弾力もなくなってきてしまいます。

 

毎日のお手入れで肌の保湿をしっかりとしてあげることで、弾力のあるみずみずしいぷっくりとしたお肌を保つことができます。

 

肌のたるみを予防すれば、ほうれい線知らずの若々しい顔でいられるのではないでしょうか?

 

 

ほうれい線の原因を知り、しっかり予防しましょう!関連ページ

肌トラブル予防によく言われるバリア機能とは
保湿ケアの効果や、持続力を高める為にバリア機能は欠かせません!バリア機能と肌表面の働きについて
気になる目元のたるみ予防について
油断していると実年齢よりも老けて見えてしまう!?見た目の印象を左右する目元のたるみについて
アゴのたるみの原因とリフトアップケアについて
年齢とともに重力に負けて落ちてくる頬やアゴのたるみについて
食生活から取り入れる抗酸化物質、フィトケミカルとは
いつまでも輝きある美を追求するアラフォー女子のアンチエイジングを考えるサイト!