肌トラブル予防によく言われるバリア機能とは

健康な肌の人はバリア機能が正常に働いている為、様々な刺激から肌を守ってくれると言われています。

 

では、そのバリア機能というのは一体どのような機能なのでしょう。

 

皮膚の表面には、表皮と言われる部分があります。
この表皮と言われる部分では、皮脂と天然の汗からできる保護膜が作り出されています。
保護膜のおかげで水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激や化粧品などに含まれる有害な物質の侵入を防いでくれているのです。

 

お肌にとって大敵である紫外線もカットする役割があるので、このバリア機能は肌にとってとても重要であることが分かります。

 

また、この保護膜の中には常在菌(善玉菌とも言われる)が存在します。
常在菌は、保護膜を弱酸性に保つように働いています。
保護膜が弱酸性を保っていれば、有害な菌(悪玉菌)が繁殖しにくいのです。

 

肌がアルカリ性に傾いてしまうと、有害な菌がどんどん繁殖し、結果肌トラブルにつながってしまうのです。

 

次に、表皮の奥にある角質層でもバリア機能が働いています。
この角質層には、天然の保湿成分やセラミドと言われる細胞間脂質というものがあります。
セラミド(細胞間脂質)は、細胞同士をしっかりと繋ぎ止めるという大切な働きをしてくれています。

 

この角質層が崩れてしまうと水分を適切に保持することができなくなるため、乾燥肌や様々な肌トラブルを起こしてしまうことになるのです。

 

バリア機能を低下させないように予防することは、肌トラブルの改善にもつながるでしょう。

肌トラブル予防によく言われるバリア機能とは関連ページ

気になる目元のたるみ予防について
油断していると実年齢よりも老けて見えてしまう!?見た目の印象を左右する目元のたるみについて
ほうれい線の原因を知り、しっかり予防しましょう!
鏡を見てはっきり浮き出てきたほうれい線にショックを受けていませんか?老化の代名詞ともいえるほうれい線の予防とケアについて
アゴのたるみの原因とリフトアップケアについて
年齢とともに重力に負けて落ちてくる頬やアゴのたるみについて
食生活から取り入れる抗酸化物質、フィトケミカルとは
いつまでも輝きある美を追求するアラフォー女子のアンチエイジングを考えるサイト!